今が旬のおまかせの魚
いわし ・・・ いわしには、マイワシ・カタクチイワシ・ウルメイワシの3種類があります。「氷見鰯」は広辞苑にも掲載されているほど、有名です。そのいわしを氷見市では干物・みりん干し・煮干しとして加工しております。活きの良いイワシはお刺身として、塩焼き・フライなど幅広く調理できます。
さより ・・・ 春から初夏にかけて水揚げされるサヨリは、身に透明感があり、上品な甘味があります。お刺身・干物・みりん干しとして加工されるほか、焼き物でも美味しく召し上がれます。
クロダイ ・・・ 氷見沖の釣りでもあがるクロダイは、5月頃に漁獲量が多く水揚げされています。産卵期に水揚げされるので、刺身・塩焼きにとても美味しく召し上がれます。
さわら ・・・ 魚へんに春と書く鰆は、この季節に水揚げされます。刺身はもちろん、味噌漬けなどの焼き魚やフライにも美味しくいただけます。
ひらめ ・・・ 左ヒラメ・右カレイと区別されるヒラメは、氷見市では干物でも食しています。白身のお魚なので、昆布メのお刺身や、ムニエルや焼き物に召し上がれます。
さば ・・・ 氷見沖で水揚げされるサバは、ごまサバや真サバです。肉厚で脂のりがよいのが特長です。氷見市では干物でも食しています。

※その日の水揚げ状況で内容は異なります。

お好きなコースをお選びください

氷見産天然岩ガキ

氷見産天然岩ガキ

岩ガキはタンパク質やカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれており「海のミルク」と呼ばれています。
氷見産の天然岩ガキは4月下旬から8月中旬までが旬で、身は大きさも厚みもボリューム満点です。
生のまま、お好みでレモン汁を添えて、お召し上がりください。

ながらも

ながらも

正式名称はホンダワラ科の「アカモク」という海藻のこと。県内では氷見市が最大の自生地。
話題の注目成分〝フコイダン〟(海藻のヌメリ成分)がわかめの約5倍、さらにミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど健康に良い成分が豊富に含まれています。